青花匠日記

焼肉「炎壽」さん紹介

 今日は一年前に佐賀駅の中央通りにオープンした焼肉店「炎」(えんじゅ)さんをご紹介します。実は社長の古賀宣浩さんは異業種交流グループ“鬨柳会”のメンバーでもあります。

社長自ら公設市場に足を運び選び抜いた佐賀牛は最高級なのにお手頃価格で頂けます。「当店はA5等級NO・10以上の佐賀牛をご提供しています!」と自信に満ちて語る彼。聞くに国産牛の品質は、品質等級に基づき格付けされています。肉質等級は1~5等級、脂肪交雑(霜降り)はNO・1~12のランクまであります。佐賀牛は肉質4以上で、脂肪交雑がNO・7以上を言うそうです。ここのお店では、その中でも最高ランクの佐賀牛を仕入れてらっしゃるのです。

佐賀牛は県の特産物であるにもかかわらず最高ランクほど東京など大消費地に出てしまっているのが現状です。そこで彼いわく、遠方から見えたお客様に対して「せっかく佐賀に来たのだから最高の佐賀牛を食べていただきたい!」との思いからお手頃価格に抑えるために試行錯誤を重ねて実現されました。

メニューも豊富ですが、その中で1万円コースを頼むと、佐賀牛が“青花の器”に盛られて登場します。その画像をいくつかご紹介しますが、それを見ただけでその佐賀牛の魅力に取り付かれてしまうことでしょう。最初のユッケは添えた梨の千切りがお肉の甘みをさらに引き立てて、黄身は肉の脂をまろやかに包み込んでくれます。牛刺しはお醤油でも構いませんが、肉本来の“旨味”を味わうならば岩塩やレモン汁だけの方がオススメでしょう。ロース・カルビ・牛タンと、味はそれぞれに異なり、あらためて場所によって「甘みの味すら違うのか!」と驚きました。ここまで読むと「なんか敷居が高そ~」と思われた方もいらっしゃるでしょう。しかし、私でも気軽に頼めるコースもありますので、是非今度、友人やご家族と訪れ、最高級の佐賀牛を堪能していただければと。また炎HPより佐賀牛ギフトの注文も出来るとの事。お歳暮に送られてみてはいかがでしょうか。(11/10)

焼肉店「炎壽」 

佐賀県佐賀市唐人2丁目7-11

℡/ 0952-23-0223

■営業時間/ 17:00~24:00 ■ 定休日/ なし

■駐車場/ 店舗の裏8台

http://shop.sagafan.com/enju/

※料理の画像はイメージ写真です。仕入れ状況によりご提供できないものもございます。

※炎壽の炎は“火”の文字が3つあります。(字が出なくてスミマセン)

●シンプルな店構えです。

●看板に期待しちゃいますね。

●おもわず“ニヤッ”となります。遠くからみて目印となりますよ。

●モダンで落ち着きある空間です。個室になってますから大事なあの人と…

●とりこになったユッケです

●ながめてるだけでヨダレが…

●牛刺しです。直球勝負でハートを打ち抜かれてしましました。

●もう言葉がでません…

●この霜降りが物語ってるでしょ!

●最高級カルビです。もうとどめをくらいました。

●もちろん生でもいただけます。

●牛タンの大きさを見てください。これこそ仕入れ状況によって大きさにばらつきが出てくるそうです。

最新情報

有田陶器市期間に合わせて
開催しました「春の陶器市」には
沢山のお客様にご来場いただき
誠にありがとうございました。


しん窯カレンダー
  • 今日
  • 店休日

ネットショッピングは毎日24時間受付中です。展示販売場は毎日10時~17時まで営業しております(年中無休)。在庫や納期等の確認及びお知らせは営業日の午前9時~午後5時に行います。何卒ご了承ください。

有田観光協会

有田焼創業400年

.

ページトップへ